木村司法書士・行政書士事務所 旭川司法書士会所属  (登録番号旭川第153号)
簡裁訴訟代理関係業務(法務大臣認定113036号)

 

携帯QRコードthumb_S31.gif

司法書士とは・・・


     たとえば、次のような仕事をする専門職です。

@ 不動産登記手続を代行する。
   たとえば、土地や建物を売買したり、贈与するなどして所有者の名義が代わったときの変更手続を、
  皆様に代わって法務局に行います。また、銀行での借り入れの際の担保権(抵当権など)の設定手続
  も同じように行います。

A 相続手続のお手伝いをする。
   不動産の所有者が亡くなることによって相続が発生した場合に、遺産分割などの方法を提案して、
  相続手続がスムーズに進むお手伝いをします。また、遺言書の作成など、将来の相続に備えた手続
  についてもご相談ください。

B 会社・法人の登記手続を代行する。
   会社その他法人の設立・役員変更などの登記手続きを、皆様に代わって法務局に行います。

C 供託手続を代行する。
   たとえば、明け渡しをせまっている大家さんが家賃を受け取ってくれないときなど、支払いたいのに
  受け取ってくれないようなときに、法務局にその金額を預けることによって支払ったのと同じ効果を
  発生させる手続を供託といいます。これについても代行します。

D 簡易裁判事件についての訴訟の代理をする。
   平成15年4月から、法務大臣の認定を受けた司法書士は、140万以下の簡易裁判所の事件に
  ついて
は皆さんの代理人として、法定に立つことができるようになりました。もちろん、その範囲内で、
  あなたに代わって相手方と交渉することもできます。また、それ以外の裁判所提出書類についても、
  作成援助という形で関与することができます。

E 多重債務事件の処理のお手伝いをする。
   近年自己の借金の増加により、その返済が困難になるケース(多重債務問題)が激増しています。
   多重債務の問題は一人で悩んでいては何の解決にもなりません私たちはその方法を提案し、
  解決に向けてのお手伝いをします。もちろん、訴訟を代理したり、自己破産申立などの書類を作成する
  方法での援助もします。

F 成年後見の業務
   後見人として、判断をする力が衰えた方などに代わって、財産を管理するなどして、国民の皆さんの
  財産を守っていくお手伝いをします。