木村司法書士・行政書士事務所 旭川司法書士会所属  (登録番号旭川第153号)
簡裁訴訟代理関係業務(法務大臣認定113036号)

携帯QRコードthumb_S31.gif

民事訴訟・裁判

  

 司法書士の業務
   ・裁判所に提出する種類の作成をします。
    ・法務大臣の認定を受けた司法書士は簡易裁判所における訴訟手続等について、
     訴額140万以下の争いについて本人の代理人として活動します。


 @少額訴訟

    60万円以下の金銭請求にであれば、今までの裁判手続よりはるかに簡便でスピーディーな
   トラブル解決する訴訟手続です。原則として1回の期日で審理を終え、判決が言渡される制度
   です

 A支払督促

    正式な裁判手続をしなくても、判決などと同じように裁判所から債務者に対して金銭などの
   支払を命じる督促状(支払督促)を送ってもらえる制度です。


 B建物明渡請求訴訟(裁判)

    賃料が滞納されている場合などに、賃借人に対し、明渡請求の裁判(契約上催告を要する
   場合は、催告後)を提起することができる制度です。

 C敷金返還請求

    アパート等を立ち退いたのに大家さんが敷金を返してくれなくて、原状回復費用として追加
   請求された、等の場合です。